宗教別のお葬式マナー

昔の日本は神道と仏教だけでしたので、どこも基本的なマナーは一緒でしたが、現在ではいろいろな宗教が日本に入り込んでいるので、宗教別のマナーも存在しています。また、同じ宗教であっても宗派がいろいろと存在しているので、宗派によっても多少マナーが異なっている場合があります。お葬式を行なう場合、基本的には仏教がメインになっているので、仏教の宗派だけでも知っておくべきでしょう。

主な宗派としては、日蓮宗に曹洞宗、真言宗に天台宗、浄土宗に浄土真宗などが挙げられます。もちろん他にもいろいろな宗派が存在しており、葬儀の方法が多少異なっている場合もあります。お葬式の場合には、故人の宗派が重要になりますが、昔のように親が宗教に入っていたら必ずしも子供が同じ宗教に加入しているとは限りません。それでも故人が加入していた宗教を優先するのがマナーだと言えるでしょう。ご自身も加入していればよく分かるかもしれませんが、自分が加入していない場合には、よく分からないことが多くなっています。

その場合、現在ではインターネットが気軽に使用できます。インターネットを活用して、故人が加入していた宗派の特徴について詳しく知り、お葬式の際にはどのように行なうのが一般的なのかも調べておきましょう。日本の場合には宗教ではなく、昔は神式でお葬式を行なうこともありました。現在でも神道は存在しているので、神式のマナーを例に挙げてみましょう。神式は神葬祭とも呼ばれています。服装は一般の喪服で問題ありません。不祝儀袋は白を用いて、水引は黒と白を用いましょう。表書きは御霊前と書くのがマナーです。

また、神式の場合には手水を行なう必要があるので、神社に参拝するときによく行なう手水の方法を知っておきましょう。神葬祭の場合には、これだけ知っておけば問題ありません。後は大体仏教のお葬式と同じなので、詳しくは担当者に聞いておきましょう。近年は日本の伝統でもある神道、古くに大陸から伝えてきた仏教だけではなく、キリスト教や新興宗教もあるので、いろいろなマナーや注意点が存在してると言えるでしょう。