お葬式の服装

お葬式の服装

冠婚葬祭には必ずマナーというのが存在しています。日本人は昔からしっかりとマナーを守ってきたので、現在でもそれが伝えられ当たり前のように守っている方が多いですが、近年お葬式のマナーを知らない人も多くなっています。そこで、覚えていなければ恥ずかしい基本的なマナーを改めて再確認し、お葬式のときに故人や遺族に失礼がないようにしておかなければいけません。マナーはたくさんありますが、知っておかなければいけないことが大半を占めています。

お葬式での基本となるのは服装ですが、これを知らないと恥ずかしい思いをすると言われてもおかしくないくらい基本的なことです。よく言われているのは黒い服を着ていくことですが、必ずしも黒でなければいけないわけではありません。ただし黒に近い色を選択し、派手な服装や明るい服装は言語道断です。上着は基本的に黒や紺が相応しいですが、ワイシャツは白が一般的です。基本的に黒が良いのは上着にズボン、靴にネクタイになっています。

ワイシャツは白で構いませんが、靴下は黒を履いて行ったほうがふさわしいと言えるでしょう。女性の場合には、ストッキングやバッグも黒がふさわしいと言えます。なぜ喪服を着ていくのかというと、ご遺族が喪に服しているということを意味するものだからです。よって喪服も黒になっていることが多いのですが、平服でもマナー的には問題はありません。ただし、色には十分注意する必要があるでしょう。

上記の場合であれば、黒を基本として暗めで地味な色を選択しなければいけません。平服だと色の選択が難しくなるので、大半の人は喪服を着てお葬式に参列します。女性の場合にはアクセサリーを身に着けることもあるでしょうが、基本的にはアクセサリーは身に着けていくべきではありません。ただし、真珠のイヤリングやネックレスであればお葬式にも着用可能です。派手な色の宝石を身に着けていくのはマナー違反ですし、指輪も結婚指輪なら問題ありませんが、派手なのは避けるべきです。

最近はあまり見かけませんが、和装をしていく人もいるでしょう。和装も当然黒を基調とした色を使用し、模様なども少ない暗めの生地の和服を着ていくべきです。紋付きの和服を着ていく人もいるでしょうが、家紋が白で描かれていれば問題はありません。しかし、金で家紋が描かれているような和服は控えるべきでしょう。服装に関しては、これぐらい知っておけばマナー的にも問題はありませんが、最近は知らない人もいるので再確認をしておきましょう。

INFORMATION

2018年05月24日
ホームページを更新しました